やまねごはん


<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | posted by スポンサードリンク |
庭の畑のいま

冬は青菜がおいしい。
蒔いたものも、こぼれ種から出たものも、一様に味が濃い。
おばけのように巨大な小松菜も、さっと茹でるだけでビロードのように、
やわらかくなる。
採りたての青菜で胡麻和えをつくれば、
調味料はしょうゆだけなのに、まるで甘みを加えたかのように、甘い。
写真は青菜の畝。小松菜、雪白大菜、高菜、水菜など、根から抜いてしまわずに、
大きくなった葉をわきから使う分だけ摘むと、いつまでも収穫ができる。





天気のよい午前中、ざるを持って庭をひとめぐりするのが気に入っている。
今日の収穫は、今年はじめてのふきのとう、カリフラワー、そして2年前に
養子に迎えいれた木が、ようやく実らせた金柑。

ふきのとうは迷わずふきのとう味噌にする。
金柑は薄く切ってひたひたの水で煮ると、ジャムのように甘くなり、粘度がでる。
それをりんご入りきんとんに混ぜ込んだら、きりっとした味になった。
こんな風にそのとき庭にあるものを繰り回すのは、ひどくたのしい。




| | posted by やまねごはん |
スポンサーサイト

| - | posted by スポンサードリンク |

MoMAstore