やまねごはん


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | posted by スポンサードリンク |
焼き菓子のこと その4
今回の引っ越しが決まったとき、真っ先に着手したのが
庭のハーブ類の植え替え。ローズマリー、セージ、タイム、オレガノ、香菜。
そして、バジルとディルの種まき。
土ごと掘り起こしてせっせとバケツで運ぶ様子を見て、
近所の女の子が「お花の引っ越し?」と訊いた。

オーブン料理に欠かせないハーブだけれど、
新鮮なハーブのよろこびを自分がいちばん感じるのは、
シンプルなハーブクラッカーを焼いたとき。
ハーブは、びっくりするほど入れるくらいがちょうどよい。

**************
<フレッシュハーブのクラッカー>
・薄力粉 200g
・塩 小さじ1/2(美味しい天然塩を多めがポイント)
以上を泡立て器でよく混ぜる。
・菜種油40gを回し入れ、ざっと混ぜてから手のひらですり混ぜる。
・水50gを少しずつ加え、こねないようにカードで切るようにまとめていく。
途中で、みじん切りにしたフレッシュハーブをどっさりと加える。
ローズマリーとセージを大さじ3くらい入れるのがおすすめ。

※カードで生地をまとめるとき、カードで切る回数を増やすと
ザックリした食感に、切る回数を減らすとさっくり軽い食感になる。
油と水の割合も、油を増やすと、より軽い食感に。

生地がまとまったら、麺棒でのして、包丁で適当に切り目を入れ、
フォークで空気穴を開けて、170℃で30分。
新鮮なハーブの香りをいっぱいに封じ込めたクラッカーは、
添え物にとどまらない存在感を示してくれる。

| レシピ | posted by Y氏 |
スポンサーサイト

| - | posted by スポンサードリンク |

MoMAstore