やまねごはん


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | posted by スポンサードリンク |
サトイモと大根に危機を救われた
金曜未明、突如やってきた乳腺炎。
当人の「痛くて起き上がれない」という弁におののき、
頭の眠気を振り払いつつ、たしかこういう時は
生姜シップに里芋パスターだっけ、と本をめくる。

果たして、前日までは大量にあった生姜を
カレーにどさどさ入れて食べてしまったのを後悔しながら、
生姜シップをケチケチと準備。
里芋パスターは、市販の里芋粉を利用。
先だっての引っ越しのとき、棚の奥から消費期限が1年以上
切れたのを2袋も発見し、「世の中の里芋粉のほとんどは
実際には使われずに捨てられているに違いない」などと
毒づいたのを心の底から反省し、それでも捨てずに持ってきた
自分を褒め称える。

近場の助産院に往診を求めること2軒。
1軒目=熱が出ていたらうちでは対処できません。
市販の鎮痛剤や解熱剤を飲んでください。あとは
アイスノンで冷やしてください。
2軒目=熱が出ているなら病院に行ってください。
(どちらも言い方はもっと優しかったけれど)

「そんなはずはない」と、遠きバースハーモニーへSOS。
「第一大根湯。里芋パスター◎」と簡潔で力強い回答。
奇跡のように余っていた大根をすりおろして、
どんぶり一杯の第一大根湯を飲ませる。
数時間後、39度近くあった熱が平熱まで下がる。
乳腺の痛みも、4度の里芋パスターで、完璧ではないにせよ
回復する(あとは後日の訪問マッサージで解決)。

自然療法の威力に改めて感服しつつ、
はてカリフォルニアではどうしたものかと考えをめぐらせる。
まさか里芋や大根が手に入るとも思えず。
とは言え、日本にある野菜だけが薬効があるわけでも
なかろうに。彼の地で出会える伝統の知恵を
心待ちにしている。

| 日々のこと | posted by Y氏 |
スポンサーサイト

| - | posted by スポンサードリンク |

MoMAstore