やまねごはん


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | posted by スポンサードリンク |
焼き菓子のこと その5
 以前から、ドライフルーツとナッツを深夜にねずみのように
かじるのが好きだった。グラノラに出会ってからは、
職場にまで持ち込み、仕事の合間に食べる日々。
「ペットのエサですか?」などという揶揄の声は恐れるに足らない。
怪訝な顔で一口食べれば、誰でもその魅力にとりつかれること
間違いなし。じきに、黙っていても周囲から「ください」という
声が聞こえるようになる。

日本ではそれほどポピュラーでないこの食べ物。
自分の知る限り、非常に美味しいものが手に入るのは
葉山のビーチマフィン。空きびんを持参して、
はちみつ仕立ての黄金色のグラノラを
いっぱいに詰めてもらう幸福感はなかなかのもの。

******************
<羅漢果グラノラ>
・オーツ 500g
・天然塩 2つまみほど
以上をボールに入れ、菜種油50gをまぶす。
(湯煎にしたパーム油でもよい)
羅漢果25g+水15gをコップで混ぜてから、
ボールに加え、スプーンで満遍なくまぶす。
バットに広げ、140℃のオーブンで約25分。

※途中、3〜4回混ぜ返し、満遍なく火が通るようにする。
※最後の5分ほどで、砕いたくるみ50g、ひまわりの種10g、
かぼちゃの種10g、白ごまなどを好みに応じてまぶし入れる。

オーブンから取り出したら、レーズンやクランベリーなど
60gほどをまぶし入れる。

基本的には「混ぜるだけ」。その手軽さとは裏腹に、
大家族の我が家では、作るそばからどんどん
無くなる魔法のおやつ。特に羅漢果で作るグラノラは、
身体に負担がない気がして、今いちばん気に入っている。

| レシピ | posted by Y氏 |
スポンサーサイト

| - | posted by スポンサードリンク |

MoMAstore